2007年07月30日

まだ明けない

今日私の住む地域ではものすごい雨が降りまして・・・
まだ梅雨明けしてませんね〜
いつになったら暑〜い夏がやってくるんでしょうか。
雨に喜んでかカエルがゲコゲコ鳴いております。

せっかくなので今日は季節物で行きます!
frog.jpgクリックで拡大
そういうわけで、前川淳さんの蛙です。
やっぱり前川さんの作品は無理の無い折り方で再現度が高い・・・素晴らしいです。
折るたびにまた折りたいと思う作品が多いのではないかな〜と思います。

そして、蛙で思いついたのが、あじさいです。
あじさいといえば実は私のお気に入りの植物なのですが・・・一年前に折って紹介した物がまだ残っていたのでアジサイとコラボさせました。
frog2.jpgクリックで拡大
前川淳さんの蛙にと、川崎敏和さんのあじさいです。
あじさいの花(正確には花ではないのですが)の部分はなんと正方形1枚で出来ているという素晴らしい作品。
平織りという特別な折り方をして作られています。
葉っぱの部分は正方形4枚のユニット作品です。
色合いも良くて大満足の仕上がり。

蛙 創作:前川淳
  出典:本格折り紙(前川淳)
  紙:ORIGAMISTさんのホイルペーパー(15cm)
あじさい 創作:川崎敏和
  出典:折り紙夢World 花と動物編
  紙:花は30cm再生色画用紙、葉は両面カラー折り紙の表面に雲竜紙を貼って葉脈っぽくした紙4枚を使いました。

2007年07月26日

前川淳さんの「本格折り紙」

book_mae.jpg
以前に日貿出版社さんのWebサイトで注文した、前川淳さんの「本格折り紙」が今日届きました。
内容をパラパラと読んでみましたが、内容がとても濃いですね。
折り図もですが、面白い話から難しい話まで各ページにたくさん詰め込まれています。
折り紙設計に関する事?もところどころに書かれているのですが、今の私にはまだよく理解できませんね・・・
じっくりと勉強していきたいと思います。

大まかな内容を把握したところで、早速一折してみました。
dolp.jpgクリックで拡大
前川淳さんの「イルカ」です。
初級編ということで、折り方は特に難しくありません。
ただ、仕上げの立体化が何か口絵写真と違うような・・・まあいいか^^;
折り方は簡単でありながら、イルカの特徴をしっかり捉えた良い造形ですね!
いや〜、さすが前川さんです。
これから少しの間はこの本から色々折りながら徐々に「悪魔」へ近づいていこうと思います。

ちなみに・・・イルカが乗っているのはMNZ創作の巻貝です・・・まあショボイですけど^^;

紙はOrigamistさんのホイル紙です。

2007年07月21日

神谷作品にはまってます

平日は補習やら何やらで結構忙しいのですが、休みの日ぐらいは折り紙の時間がとれそうです。
時々折り紙しないと体がだるくなってしまいそうだし・・・

タイトルにあるとおり、神谷哲史さんの作品集を買ってから、神谷さんの作品にはまっております。
(ユニットを捨てた訳じゃないですよ!
今回は割と簡単そうな「トビエイ」にチャレンジしました。
eray.jpgeray2.jpgクリックで拡大

意外と簡単かと思っていたのですが、紙を広げて一気にまとめる工程があり、そこが楽しくもあり難しくもあり・・・
神谷さんの作品はこういうのが多いみたいですね。

この作品の一番のみどころは、裏側の顔(実際には顔ではないんだけど)もしっかり折りだせている所でしょうか!

紙は25cmくらいの金ホイル紙に黒の雲竜紙を貼り合わせたものです。
(何cmだったかはうろ覚えです・・・すいません。

2007年07月16日

100円ショップで・・・

100円ショップ・ダイソーで、素晴らしい商品を発見!
嬉しいのでチョットかっこよく画像を編集しちゃってます。(別にかっこよくないか^^;)
100kami.jpgクリックで拡大
その名も「創作すき紙」
100均ではこれまで見たことの無かった、高級感のある立派な和紙です。
名前の通り、色々漉き込まれてます。
透けるくらい薄い和紙10枚に、豪華な金銀(これが、ホイルのようなギラギラではなく、しっかりした和風の光沢なのです!)が2枚の計12枚でたったの100円!
普通の和紙だったら400円くらいするんじゃないでしょうか?
この記事を見て気になった方のために中身の画像も用意してみました。
結構紙って買ってから失敗する事多いですからね。(トレペとか・・・
100kami2.jpg100kami3.jpg100kami4.jpgクリックで拡大
出来るだけ色が変わらないように撮影しました。裏が透けるのがわかれば良いのですが・・・
これにホイルで裏打ちすれば色々役立ちそうですね。

それと、更新が遅く本当に申し訳ありません。
さすがに私も受験生ですので、色々と忙しくなってきてしまいました。
忙しいですが時間があれば何か折ってチョコチョコ書いていきますので更新が遅くても宜しくお願いします。
(一段落着いたらまたガンガン更新していきますので〜
posted by MNZ at 19:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 折り紙情報とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

お蔵入りの作品

org_unit.jpgクリックで拡大
この作品は園部ユニットを色々いじっていたら偶然出来上がってしまった作品です。
「お、こりゃあいいぞ!」と思い公開しようとしたのですが、結構簡単な作品なので不安がよぎり、いろんな折紙サイトを調べてみたら・・・
布施知子さんが似たようなのを作られてました;;

う〜ん、残念!
さすが布施知子さんです。

グラデーション折紙 7.5cm×7.5cmを30枚で作りました。

2007年06月30日

折り紙情報いろいろ

ORIGAMISTさんのショップで夏からYami Yamauchiさんの作品、「毛虫」「花火」の折り図が販売されるそうです!
私はあのクルクル回転する「花火」はどうしても折ってみたい作品の一つだったので、とても楽しみです!

そしてお次はこのブログにコメントを寄せてくださっているふっくらしこさんからの情報で、6月下旬〜7月上旬くらいにあの前川淳さんの作品集が発売されるそうです
追記→ 7月25日に発売されるそうです!タイトルは、「本格折り紙 −入門から上級まで− 」で、順を追って練習していけば、「悪魔」が折れるようになっている内容とのことです。
あの伝説の作品、「悪魔」の折り図も掲載されるとのことで、こちらも私としては非常に楽しみです。

いやぁ、欲しい物がどんどん増えてお金が追いつきませんなぁ^^;

※しゆみさんより追記部分の情報を頂きました!ありがとうございます。
posted by MNZ at 14:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 折り紙情報とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディバインドラゴン

いきなり大物になってしまうのですが、「神谷哲史作品集」より、神谷哲史さんの「ディバインドラゴン(バハムート)」を折ってみました。
全部で270工程くらいあって疲れました・・・。
divinedragon1.jpgクリックで拡大
紙は、おすすめが50cmと書いてあったので、100均(Seria生活良品)で売っていた大きな揉み紙を53cmの正方形に切ったもの一枚で折りました。
写真では作品が大きくていつも撮影に使う妹の机が見えてしまっています。(ちなみに私の机は折り紙で散らかっています^^;)
いや〜、それにしても難しい・・・。
折り図はとても丁寧なのですが、途中でどうしてもわからない部分があり少し放置してました。そして、一週間近くチョコチョコと折り続けてようやく完成しました!総製作時間は8時間くらいでしょうかね・・・
しかし、この大きさの紙でもかなり分厚くなり、細部まで折り込めてません。
となると、さらなる大きさ・薄さの紙が必要になりそうですね・・・
極薄和紙にホイルを貼り付けた紙でも作ってみようかな〜

divinedragon2.jpgクリックで拡大
後ろから見たディバインドラゴン。
尻尾までちゃんと一枚の紙で折りだされています。
とても素晴らしい造形ですね〜。
うまく作れなくて神谷さんに申し訳ないです^^;

2007年06月24日

ねねこ・でぶねこ

先日「神谷哲史作品集」のほかに、「折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol12」を購入しました。
他にも購入したいのはたくさんあったのですが、お金が無いのでVol12にしました。
で、Vol12を選ぶ決め手となったのがこの作品。
cat1.jpgクリックで拡大
木村良寿さんの「ねねこ(いねむりねこ)」と「でぶねこ」です。
箱は適当に折って作りました。
右の赤いのが「でぶねこ」です。紙の大きさのせいで小さくなってしまいましたが^^;
cat2.jpgクリックで拡大
これは「ねねこ(いねむりねこ)」を拡大した写真です。
気持ち良さそうな表情がとてもよく表せていると思いませんか??
しかも実はとても簡単に折り出す事が出来るのです!
猫好きの私としてはたまらない作品。

私はほとんどユニット作品しか折ってきませんでしたが、一枚折りも楽しいですねぇ〜

15cmの和紙と、奥の黒いのは市販の折り紙用紙で折りました。
 ※「でぶねこ」は少し折りが細かくなるのでもう少し大きい紙がオススメです。

2007年06月22日

ついに購入!

book_k.jpgクリックで拡大
以前からずっと欲しいと思っていた「神谷哲史作品集」。
ついに購入しました!
中は見せられないのですが・・・う〜ん、何度見ても神谷さんの作品は素晴らしい・・・
はたして折れるのでしょうか??

早速、何か作ろう・・・と作品を眺め、その中の「黄色い鳥」を作ってみる事にしました。
本の説明によれば、15cmでも折れるとのことなので、15cmの和紙で挑戦してみました。
そして・・・折り続けること1時間半、難解な折りの連続でちゃんと折り図どおりになっているのかもよく解りませんが、完成?しましたぁ〜!
ybird.jpgクリックで拡大
神谷哲史さんの「黄色い鳥」です。
前へ倒れやすく、自立できる頭の角度を探すのに苦労しました。
この作品で恐らく一番難しい、足の部分は出来るだけ折り図通りにしましたが・・・かなり雑ですね^^;
それにしても疲れた・・・やる気が出たら今度はもう少し大きい紙で挑戦してみます!

2007年06月17日

たけのこユニット(仮)

takenoko.jpgtakenoko2.jpgクリックで拡大

これ、たけのこに見えるでしょうか・・・
なんとな〜くたけのこっぽかったので仮にですかたけのこと名づけることにします。
左が6枚、右が12枚組み。
組み方がちょいと特殊で新鮮な感じがします!

mnzの創作
7.5cmのグラデーションの紙で折りました。

学校関係の事でめっちゃ忙しくしてて、コメント等お返事が遅れて申し訳ないです;
これからも少しお返事が遅れるかもしれません・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。