2007年06月30日

折り紙情報いろいろ

ORIGAMISTさんのショップで夏からYami Yamauchiさんの作品、「毛虫」「花火」の折り図が販売されるそうです!
私はあのクルクル回転する「花火」はどうしても折ってみたい作品の一つだったので、とても楽しみです!

そしてお次はこのブログにコメントを寄せてくださっているふっくらしこさんからの情報で、6月下旬〜7月上旬くらいにあの前川淳さんの作品集が発売されるそうです
追記→ 7月25日に発売されるそうです!タイトルは、「本格折り紙 −入門から上級まで− 」で、順を追って練習していけば、「悪魔」が折れるようになっている内容とのことです。
あの伝説の作品、「悪魔」の折り図も掲載されるとのことで、こちらも私としては非常に楽しみです。

いやぁ、欲しい物がどんどん増えてお金が追いつきませんなぁ^^;

※しゆみさんより追記部分の情報を頂きました!ありがとうございます。
posted by MNZ at 14:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 折り紙情報とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディバインドラゴン

いきなり大物になってしまうのですが、「神谷哲史作品集」より、神谷哲史さんの「ディバインドラゴン(バハムート)」を折ってみました。
全部で270工程くらいあって疲れました・・・。
divinedragon1.jpgクリックで拡大
紙は、おすすめが50cmと書いてあったので、100均(Seria生活良品)で売っていた大きな揉み紙を53cmの正方形に切ったもの一枚で折りました。
写真では作品が大きくていつも撮影に使う妹の机が見えてしまっています。(ちなみに私の机は折り紙で散らかっています^^;)
いや〜、それにしても難しい・・・。
折り図はとても丁寧なのですが、途中でどうしてもわからない部分があり少し放置してました。そして、一週間近くチョコチョコと折り続けてようやく完成しました!総製作時間は8時間くらいでしょうかね・・・
しかし、この大きさの紙でもかなり分厚くなり、細部まで折り込めてません。
となると、さらなる大きさ・薄さの紙が必要になりそうですね・・・
極薄和紙にホイルを貼り付けた紙でも作ってみようかな〜

divinedragon2.jpgクリックで拡大
後ろから見たディバインドラゴン。
尻尾までちゃんと一枚の紙で折りだされています。
とても素晴らしい造形ですね〜。
うまく作れなくて神谷さんに申し訳ないです^^;

2007年06月24日

ねねこ・でぶねこ

先日「神谷哲史作品集」のほかに、「折り紙探偵団コンベンション折り図集 Vol12」を購入しました。
他にも購入したいのはたくさんあったのですが、お金が無いのでVol12にしました。
で、Vol12を選ぶ決め手となったのがこの作品。
cat1.jpgクリックで拡大
木村良寿さんの「ねねこ(いねむりねこ)」と「でぶねこ」です。
箱は適当に折って作りました。
右の赤いのが「でぶねこ」です。紙の大きさのせいで小さくなってしまいましたが^^;
cat2.jpgクリックで拡大
これは「ねねこ(いねむりねこ)」を拡大した写真です。
気持ち良さそうな表情がとてもよく表せていると思いませんか??
しかも実はとても簡単に折り出す事が出来るのです!
猫好きの私としてはたまらない作品。

私はほとんどユニット作品しか折ってきませんでしたが、一枚折りも楽しいですねぇ〜

15cmの和紙と、奥の黒いのは市販の折り紙用紙で折りました。
 ※「でぶねこ」は少し折りが細かくなるのでもう少し大きい紙がオススメです。

2007年06月22日

ついに購入!

book_k.jpgクリックで拡大
以前からずっと欲しいと思っていた「神谷哲史作品集」。
ついに購入しました!
中は見せられないのですが・・・う〜ん、何度見ても神谷さんの作品は素晴らしい・・・
はたして折れるのでしょうか??

早速、何か作ろう・・・と作品を眺め、その中の「黄色い鳥」を作ってみる事にしました。
本の説明によれば、15cmでも折れるとのことなので、15cmの和紙で挑戦してみました。
そして・・・折り続けること1時間半、難解な折りの連続でちゃんと折り図どおりになっているのかもよく解りませんが、完成?しましたぁ〜!
ybird.jpgクリックで拡大
神谷哲史さんの「黄色い鳥」です。
前へ倒れやすく、自立できる頭の角度を探すのに苦労しました。
この作品で恐らく一番難しい、足の部分は出来るだけ折り図通りにしましたが・・・かなり雑ですね^^;
それにしても疲れた・・・やる気が出たら今度はもう少し大きい紙で挑戦してみます!

2007年06月17日

たけのこユニット(仮)

takenoko.jpgtakenoko2.jpgクリックで拡大

これ、たけのこに見えるでしょうか・・・
なんとな〜くたけのこっぽかったので仮にですかたけのこと名づけることにします。
左が6枚、右が12枚組み。
組み方がちょいと特殊で新鮮な感じがします!

mnzの創作
7.5cmのグラデーションの紙で折りました。

学校関係の事でめっちゃ忙しくしてて、コメント等お返事が遅れて申し訳ないです;
これからも少しお返事が遅れるかもしれません・・・

2007年06月03日

巻貝の季節?

もう夏も近いし、ちょうど「らせんを折ろう」が借りてあるので今回は巻貝をたくさん作ってみました。
shell01.jpgクリックで拡大
川崎敏和さんの「巻貝」「サザエ」、布施知子さんの「ユニット巻貝1,2」(細い方が「ユニット巻貝2」)「風化した貝」です。
それぞれ形が違っていながら、どれも特徴を捉えた良い作品ですね^^
特に布施知子さんのユニット巻貝は色分けが出来るので楽しいです。
中でも「風化した貝」は隙間があってけっこう気に入ってます!
ちなみに「サザエ」はまたホイルに和紙を貼った紙で折っています。
他はORIGAMISTのホイル紙や、適当に切り出したラッピングペーパー等です。
それにしても・・・らせん折りを思いついた川崎敏和さんはやはり天才ですねぇ・・・
それをこれまた天才作家の布施知子さんが作品に取り入れてこんな物ができるとは・・・!
せっかくなので個別に写真を載せることにしました!
微妙に異なる巻貝の世界をお楽しみください
shell02.jpgshell03.jpgshell04.jpg
※全てクリックで拡大します

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。